ごみ固形燃料の破損(RDF)

      

            

    ごみが燃料として工業化されて利用される場合、一般的にはごみ固形燃料(Refuse Derived Flal、RDF)と呼ばれ、セメント工場、発電所、蒸気ボイラーなどの業界に広く使われ、石炭や天然ガスの代わりにエネルギーコストを節約します。

    近年はゴミや汚泥の資源化がますます重視されています。ゴミや汚泥自體には一定の熱値が含まれています。國內外の研究は主に資源化利用、すなわち固體燃料を成型し、固體廃棄物の資源化処理を実現する。RDF加工生産技術はまず生活ゴミを破砕し、可燃物を選別し、添加剤を加えて乾燥させ、押し出し成型し、粒狀RDF燃料を作る。

    煜卓破砕システム:

    RDF原料は主に生活ゴミ、工業ゴミ、有機ゴミなどから來ています。紙くず、プラスチックフィルム、硬質プラスチック、金屬、ガラス、木材、ゴムなど多くの物質が含まれています。このような高混合度の材料の破損は、破砕技術に対して高い要求を持っています。破砕機の長期安定運転には、性能の良い合金製工具と、機械全體の高い信頼性が必要です。このような破砕は、機械が金屬やプラスチックなどの剛性と靭性を同時に処理することができることを要求します。

    高品質のRDFを得るためには、以下のいくつかのステップが必要である。

    1、砕ける;

    2、選別(風力選別とジャンプ選別);

    3、細かく割れる;

    4、乾燥処理、プレス成型。

    煜卓は10年間の破壊技術と実踐経験を持っています。RDFの破砕分野に対してターゲット研究の過程があります。現在國內の先進的なRDF粗粉砕機とRDF細破砕機を持ち、RDFの破砕要求を満たし、RDF処理プロセスを大幅に簡略化し、経済と生態価値を実現しました。

    成人国产精品秘 入口免费视频_高清日本wwwcom_中文字幕视频一区二区三区_亚洲国产精品一级无码中文字